本文へ移動

プロ注目の浦和実・豆田が練習試合でMAX144キロ好投 中日スカウト「いい投手なのは間違いない」

2020年7月13日 11時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ志望の浦和実・豆田泰志投手

プロ志望の浦和実・豆田泰志投手

 浦和実(埼玉)のプロ注目右腕、豆田泰志投手(3年)が12日、埼玉県越生町での武蔵越生(埼玉)との練習試合に先発し、中日、ロッテのスカウトの前で140キロ台前半の直球を軸に5イニングを4安打無四球で零封した。進路について「一番はプロにいくこと。行けるなら合同練習会にも行きたい」と思いを明かした。
 昨夏の埼玉大会で浦和学院を2安打完封。新型コロナウイルスによる活動休止明けには自己最速を更新する146キロをマークした。この日は最速144キロだったが、フォーク、スライダーの制球もよく5奪三振。県の独自大会に向け「浦和学院や花咲徳栄と試合をして優勝したい」と力を込めた。身長173センチながら力強い投球が魅力。中日の正津スカウトは「直球のキレもある。いい投手なのは間違いない」と評価した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ