立浪級デビューだ石川昂!1軍昇格即スタメン即二塁打…高卒野手ルーキー12球団最速

2020年7月13日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日―広島 2回裏1死、左翼線二塁打を放つ石川昂=ナゴヤドームで(川北真三撮影)

中日―広島 2回裏1死、左翼線二塁打を放つ石川昂=ナゴヤドームで(川北真三撮影)

  • 中日―広島 2回裏1死、左翼線二塁打を放つ石川昂=ナゴヤドームで(川北真三撮影)
  • 2回裏1死、石川昂が左翼線二塁打を放つ(今泉慶太撮影)

◇12日 中日2ー7広島(ナゴヤドーム)


 中日のドラフト1位ルーキー、石川昂弥内野手(19)が、12日の広島戦(ナゴヤドーム)に「7番・三塁」で先発出場。今季の高卒1年目選手で12球団最速デビューを果たし、プロ初打席の2回に左翼線二塁打を放った。試合は2―7で敗れ、3カード連続の負け越し。借金は今季最多の4に膨らんだが、苦境に立たされているチームの起爆剤となる活躍を石川昂に期待だ。
 ソワソワしだす自分がいた。本拠地・ナゴヤドームへ向かい、練習して昼食を済ませる。球団のお膝元・愛知県半田市出身の石川昂がチョイスしたのは名古屋名物きしめん。「味はしました」。試合開始時間が近づくにつれ、自身の異変に気づいた。
 「緊張しているなと思いました。落ち着かなくなりました」。前日の11日に主将・高橋が左ふともも裏を負傷(肉離れ)し、巡ってきたチャンス。荷物をまとめ、広島先発・遠藤との対戦を想像する。時間に追われている間は普段通り。準備し終わると急に手持ち無沙汰を感じた。
 自分を取り戻したのはルーティンだった。2回素振りしてから腹回りのユニホームを直す。4打席とも決まり事を終えてから打席に入った。
 記念すべき第1打席で結果を出した。「真っすぐを打とうと思っていて、ためられました。ファウルになるかな、と思って走っていました」。カウント1―1からの3球目。低め131キロチェンジアップに粘り腰を見せ、引っ張り込んだ。左翼線を襲うスタンディングダブル。21世紀生まれで初の安打を記録した。

 緊張を感じるフレッシュさと、物事に動じないずぶとさが混在している。昨秋、ドラフト後に沖縄・北谷キャンプを見学した。ブルペン投球する藤嶋の投げる先、捕手の後方に歩み寄りネット越しにスイングし始めた。ひと昔前なら「何してんの?」とチェックが入りそうな場面。周囲に緊張が走った。だが、時代は令和。東邦高の3学年先輩右腕は「大丈夫です。せっかく沖縄まで来たんですから」。問題視せず「時代です」と語った。
 結果的に、自身の1年前にドラフト1位指名された根尾よりも先にプロ初ヒットをマークした。「何でも負けたくないので良かったです」。世間のネーミングは「ゆとり世代」や「さとり世代」であったとしても、欲を出して戦う。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ