本文へ移動

ヤクルト・嶋が右足舟状骨を骨折で登録抹消、全治は不明…正捕手の中村も離脱中でかなりの痛手に…

2020年7月12日 17時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルトの嶋

ヤクルトの嶋

 ヤクルトは12日、右足舟状骨を骨折した嶋基宏捕手(35)の出場選手登録を抹消し、松本直樹捕手(26)を登録した。
 嶋はフル出場した11日の巨人戦(ほっともっとフィールド神戸)で守備中に負傷。試合後に神戸市内の病院で検査し、骨折が判明した。全治は不明。
 嶋の骨折は今年2度目。前回は3月21日の練習試合、阪神戦で右手親指付近を骨折し、開幕前に復帰していた。これまで10試合に出場し、打率1割2分の成績だった。
 チームの捕手陣は正捕手の中村が上半身のコンディション不良で戦列離脱中。嶋の離脱はかなりの痛手となる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ