本文へ移動

ロッテ、育成出身の体重120キロ右腕フローレスが12日西武戦先発 BC富山から入団の1年目

2020年7月11日 15時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホセ・フローレス

ホセ・フローレス

 ロッテは11日、ZOZOマリンスタジアムで12日に行われる西武戦に、入団1年目で3月末に育成契約から支配下選手に登録されたホセ・フローレス投手(31)を先発登板させると発表した。
 プロ初登板初先発で「このようなチャンスをいただいてとても光栄です。新型コロナウイルスの影響で期間はだいぶ空きましたが、ここまでしっかり準備してきたつもりです。明日ようやく自分にとっての開幕を迎えられることが本当にうれしいです」とコメントした。
 フローレスはベネズエラ出身の右腕で身長191センチ、体重120キロ。昨季はBCリーグの富山でプレー。今季から育成選手としてロッテ入りした。大リーグの経験はない。
 当初は美馬学投手の先発が予想されたが、ローテを変更した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ