産婦人科医、性教育を動画配信 10代の性みつめて

2020年7月11日 05時00分 (7月11日 05時01分更新) 会員限定
高橋幸子さんが配信を始めたシリーズ「産婦人科医の性教育」

高橋幸子さんが配信を始めたシリーズ「産婦人科医の性教育」

  • 高橋幸子さんが配信を始めたシリーズ「産婦人科医の性教育」
 十代の性に向き合ってきた埼玉県の産婦人科医らが性教育のための動画を作り、ネット配信を始めた。長引いたコロナ禍での一斉休校で、中高生が「妊娠したかもしれない」と相談窓口にSOSを出すケースが増えたと、専門家は指摘する。これから始まる夏休みを前に、自らの性をみつめ、望まない妊娠や性感染症を防ぐ一助にしてほしいという。 (佐藤直子)
 「あれあれあれ。このイラストは目のやり場に困っちゃうかな?」。動画の中で、高橋幸子医師は性交の図を示し、ぽんぽんと軽妙な調子で語っていく。
 近年は自治体や教育委員会、学校が産婦人科医を外部講師として招き、性教育を行う場が増えつつある。「正しい知識は自分を守るライフスキル。いつか必ず役に立つ」が、高橋さんの信念だ。埼玉医科大(埼玉県毛呂山町)の産婦人科で思春期外来を担当する傍ら、県内百カ所ほどの中高校で子どもたちに性についての話をしてきた。
 しかし、今春はコロナ禍のために三月から一斉休校。予定していた講座は中止や延期になり、思い付いたのが動画配信だった。日ごろ中学三年から高校生に向けて語っている八十分の講座を「性の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

特報の最新ニュース

記事一覧