本文へ移動

嵐・大野智 5年ぶり3度目の個展開催 9~11月 東京・六本木ヒルズ展望台で

2020年7月11日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新作の細密画をバックにポーズを決める大野智

新作の細密画をバックにポーズを決める大野智

 アイドルグループ「嵐」の大野智(39)が、9月9日から11月8日まで東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで、5年ぶり3度目となる個展「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」を開催することが決定した。
 芸能活動と並行して継続的に美術制作を行ってきた大野は、08年に初めて「FREESTYLE」展を開催。独創性の高い粘土のフィギュアや絵画などが注目を集めた。15年には中国・上海で「FREESTYLE in Shanghai 2015 楽在其中」、東京・大阪で「FREESTYLE2」を開催し、累計で約12万人を動員した。
 今回は、過去の作品展から絵画約40点、フィギュアなどの立体作品約130点、写真約10点、その他習作などを展示するほか、シンガー・ソングライター米津玄師が作詞作曲した嵐の通算58枚目シングル「カイト」(29日発売)のジャケットのために描き下ろした絵画や、極細ペンの繊細なタッチで極限まで描き切った細密画の大作など新作約20点がお披露目される。
 大野は「今までの作品、そして新作もたくさん描きました。過去の作品を振り返り、触れてみると、当時のいろんな思い出がよみがえりました。そんな過去の作品から、今回の作品まで、今の僕の思いが詰まった『FREESTYLE 2020』。皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントを寄せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ