球場観戦解禁…関東で唯一開催ZOZOマリンにもファン続々 きょうからの3連戦チケット完売 グッズ売り場は長い行列も

2020年7月10日 17時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
入場ゲートで検温を受ける観戦客=ZOZOマリンスタジアムで

入場ゲートで検温を受ける観戦客=ZOZOマリンスタジアムで

  • 入場ゲートで検温を受ける観戦客=ZOZOマリンスタジアムで
 プロ野球の観客入り試合初日となった10日、関東地方では唯一のカードとなるロッテ―西武戦が行われるZOZOマリンスタジアムでは同日午後4時に開門され、チケットを持ったファンが検温や手の消毒を受けながら続々と入場した。
 球場での観戦できる入場者の上限は5000人に設定されており、通常の6分の1程度に抑えられている。球団からは10~12日の西武戦3試合のチケットが完売となったことが発表された。
 球場に隣接する球団ショップは午後1時に開店したが、試合の開門時刻直前から利用客が増え、午後4時過ぎには密になることを防ぐために入場制限が実施された。
 入り口のスタッフは「一度に店内に入れるお客さまは130人程度に絞り、10人が店を出たら、10人を同時に店に入れている」と話し、入口付近には100人近い行列ができた。
 球場前にはキッチンカー10台が並び、試合前に広場のベンチで弁当を広げるファンの姿も見られた。豚丼専門のキッチンカー「BUTASAN HOKKAIDO」を営む飯田信夫さん(63)は「今年で出店は18年目。球団には感謝の言葉しかないです。お客さんの雰囲気はいつもと変わらないですね」と笑顔を見せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ