ドラえもんトラム 乗車100万人達成 万葉線、記念切符販売へ

2020年7月10日 05時00分 (7月10日 05時03分更新)
乗車人数100万人を達成したドラえもんトラム=高岡市の万葉線本社前で

乗車人数100万人を達成したドラえもんトラム=高岡市の万葉線本社前で

  • 乗車人数100万人を達成したドラえもんトラム=高岡市の万葉線本社前で

 高岡、射水両市間を結ぶ路面電車「万葉線」は九日、人気車両の「ドラえもんトラム」が八日で乗車人数百万人を達成したと発表した。
 ドラえもんトラムが導入された二〇一二年九月から七年十カ月で百万人の大台を突破した。当初は四月ごろに達成する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で乗車人数が伸びず、三カ月遅れた。
 ドラえもんトラムは、車体は“ドラえもんカラー”の青色で、乗降口はひみつ道具「どこでもドア」のデザイン。窓ガラスにはドラえもんに登場するキャラクター、車内にはひみつ道具が描かれており、観光客の人気を集めている。同社では今後、百万人達成の記念事業として、車内の飾り付けやのぼり旗の設置、記念切符の販売を予定している。
 同社総務課の中瑞毅(みずき)主任(33)は「乗車人数も戻りつつある。二百万人達成に向けて、多くの方に乗車していただけたらうれしい」と話している。(武田寛史)

関連キーワード

PR情報