守護神また背信…中日・岡田が9回に乱調4失点、味方逆転の直後…痛い星落とす

2020年7月9日 22時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表1死満塁、岡田(手前)は山崎に勝ち越しの左前2点適時打を打たれる

9回表1死満塁、岡田(手前)は山崎に勝ち越しの左前2点適時打を打たれる

  • 9回表1死満塁、岡田(手前)は山崎に勝ち越しの左前2点適時打を打たれる

◇9日 中日6-8ヤクルト(ナゴヤドーム)

 守護神がまた背信投球だ。中日・岡田俊哉投手(28)が、5―4と逆転して迎えた9回に登板。1死から代打青木に右中間フェンス上部直撃の特大二塁打を浴びると、四球、申告敬遠で満塁とされ、山崎に逆転の2点適時打、さらに村上に2点適時二塁打を浴びてKOされた。中日はその裏、ビシエドの犠飛で1点を返したものの6―8で敗れ、このカード2敗1分けで負け越した。
 岡田は7日の同カードでも、10回に申告敬遠を含む4四球で押し出し決勝点を与えたばかり。この3連戦は2敗とも左腕の乱調で、上位進出の大きなチャンスを逃した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ