本文へ移動

横浜FCの18歳・斉藤がJ1初ゴール 同世代マジョルカ久保建が刺激「1点じゃ満足していられない…」

2020年7月9日 11時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柏-横浜FC 前半、先制ゴールを決め喜ぶ横浜FC・斉藤=三協F柏で

柏-横浜FC 前半、先制ゴールを決め喜ぶ横浜FC・斉藤=三協F柏で

◇8日 J1第3節 柏1ー3横浜FC(三協)
 久保建世代の18歳アタッカーが待望のJ1初得点を挙げた。前半21分。敵陣で瀬古が相手のパスをブロックした瞬間、斉藤光毅はゴールへ向かって走り出していた。松浦のスルーパスを呼び込み、あっという間に韓国代表GK金承奎(キム・スンギュ)と1対1。冷静だった。ぎりぎりまで動きを見極め、金の重心が右に傾くと、左足でその逆側を射抜いた。
 「素直にうれしい。自分の得点も含めて勝てたのは本当にうれしい」。航空自衛隊のブルーインパルスをイメージしたという飛行機ポーズを披露し、屈託のない笑みが絶えなかった。
 活動休止期間を「自分の課題と向き合う好機」ととらえ、器具を購入して肉体強化に着手した。兄と自宅で負荷を掛け合いながら筋トレ、体幹トレに時間を割くと、久々に再会したチームメートには「ずっしりと力強くなった」と驚かれた。持ち前の瞬発力に磨きがかかり、当たられても体がぶれない芯の強さが好調を下支えしていた。
 マジョルカ(スペイン)で台頭するMF久保建の存在も刺激になった。「1点じゃ満足していられない。建英(たけふさ)も活躍しているので危機感を持ってやらないと」と斉藤。チームは13年ぶりに復帰したJ1で今季初白星。53歳カズ、42歳中村、39歳松井の元代表組に負けじと、初々しい若きヒーローが誕生した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ