名張・ご当地キャラ「ひやわん」描く 特製まんじゅう「ひや饅」好評

2020年7月9日 05時00分 (7月9日 12時05分更新) 会員限定
「ひや饅」を製作した沢田さん。見本の大サイズの上にある手のひらサイズを売り出す=名張市役所で

「ひや饅」を製作した沢田さん。見本の大サイズの上にある手のひらサイズを売り出す=名張市役所で

  • 「ひや饅」を製作した沢田さん。見本の大サイズの上にある手のひらサイズを売り出す=名張市役所で
  • 1個380円のひや饅
 名張市の名張地区まちづくり協議会が八日、ご当地キャラクター「ひやわん」の顔を描いた特製まんじゅう「ひや饅(まん)」を売り出した。試作に三カ月を費やし、すりおろしたヤマイモと米粉の生地でこしあんを包み蒸し上げた。七月八日は「な・ば(り)」の語呂合わせでひやわんの誕生日。市役所一階ロビーで百個を売り出すと十五分ほどで完売した。 (帯田祥尚)
 手のひらサイズのまんじゅうは一個三百八十円。やや高めだが、贈答用の高級品が基になっており、市内の和菓子店「さわだ一休庵(あん)」の職人二人が竹炭と食紅で一つずつ顔を描く。
 社長の沢田主税(ちから)さん(71)は「ふっくらとして口溶けがいい」と胸を張る。完成までに四百個の試作を重ねた。一つ一つの表情が微妙に異なるところに手作りならではの味が出る。
 ひやわんは市にゆかりの能楽文化や細い路地をヒントに二〇一四年につくられたキャラクター。名張地区にはその名を冠した小規模保育所もあり、地域のシンボルとして年々知名度を高めている。
 市外のイベントでひやわんと名張の魅力を出張宣伝する協議会の田畑純也会長は「宣伝グッズの中にまんじゅう的な物があれば、新たな展開ができ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報