さくらさん描いた名所巡る 静岡でスタンプラリー

2020年7月9日 05時00分 (7月9日 05時03分更新)
スタンプラリー企画のチラシとオリジナルグッズを紹介する市職員=静岡市葵区で

スタンプラリー企画のチラシとオリジナルグッズを紹介する市職員=静岡市葵区で

  • スタンプラリー企画のチラシとオリジナルグッズを紹介する市職員=静岡市葵区で
 新型コロナウイルスの影響で打撃を受けている観光業を支援しようと、静岡市は、清水区出身の漫画家・故さくらももこさんが描いた市内の名所を巡る「静岡市はいいねぇ。スタンプラリー」を始めた。八月末まで。
 スタンプの設置場所は、駿府(すんぷ)城公園坤櫓(葵区)や久能山東照宮(駿河区)、世界文化遺産、富士山を構成する「三保松原」近くの市三保松原文化創造センターみほしるべ(清水区)など十カ所。いずれもさくらさんが自身のイラストとともに描いた場所で、企画用に特製スタンプも作った。
 テーマ別に「家族団欒(だんらん)コース」(三カ所)や「歴史探訪コース」(同)、「潮風満喫コース」(四カ所)のモデルコースがあり、制覇したコース数に応じてクリアファイルやボールペン、トートバックがもらえる。宿泊券や特産品が当たる二次抽選もある。
 市の担当者は「名前は知っていても行ったことがない施設も多いはず。企画を通じて地元の魅力再発見と経済の活性化につながれば」と期待した。台紙は参加施設で配布中。一部グッズは先着順。参加施設一覧は市ホームページに掲載。 (五十幡将之)

関連キーワード

PR情報