中京大中京主将ら「集大成に」 甲子園交流試合、智弁と対戦

2020年7月9日 05時00分 (7月9日 05時00分更新) 会員限定
対戦相手が智弁学園高に決まり、健闘を誓う中京大中京高の(左から)高橋選手、印出選手、中山選手=名古屋市昭和区川名山町の同高で

対戦相手が智弁学園高に決まり、健闘を誓う中京大中京高の(左から)高橋選手、印出選手、中山選手=名古屋市昭和区川名山町の同高で

  • 対戦相手が智弁学園高に決まり、健闘を誓う中京大中京高の(左から)高橋選手、印出選手、中山選手=名古屋市昭和区川名山町の同高で
 選抜高校野球に代わり、甲子園で八月に開かれる交流試合の組み合わせ抽選会が八日あり、中京大中京高(名古屋市昭和区)の対戦相手が智弁学園高(奈良)に決まった。主将の印出太一選手(三年)は「力のあるチームを相手に身の引き締まる思い。この試合が最後なので寂しさはあるが、三年間の集大成を見せる」と抱負を語った。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧