田中希実、福士超え女子3000メートル18年ぶり日本新!「5000でも記録出せると思う」

2020年7月8日 19時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中希実(手前)

田中希実(手前)

  • 田中希実(手前)
 陸上のホクレン中長距離チャレンジ第2戦は8日、北海道の深川市陸上競技場で行われ、女子3000メートルで田中希実(20)=豊田自動織機TC=が8分41秒35の日本新記録をマーク。2002年に福士加代子がマークした8分44秒40を18年ぶりに更新した。
 終始先頭でレースを進め、「ホクレンといういい大会でいいタイムが出せて、うれしい気持ちでいっぱい」と声を弾ませた。4日の第1戦では1500メートルに出場し、日本歴代2位の4分8秒68をマーク。好調ぶりをうかがわせていた。
 15日の第3戦ではすでに東京五輪の参加標準記録を突破している5000メートルに出場予定。伸び盛りの20歳は「今日は1500メートルのタイムを3000メートルに生かせた。全部の距離を大事にすれば、5000メートルでも記録を出せると思う」と力強く語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ