お得で新鮮 シルバーマルシェ 七尾で平日毎朝開催

2020年7月8日 05時00分 (7月8日 10時45分更新)
新鮮な野菜などがそろう七尾市シルバー人材センターのミニマルシェ=七尾市小島町のワークパル七尾で

新鮮な野菜などがそろう七尾市シルバー人材センターのミニマルシェ=七尾市小島町のワークパル七尾で

  • 新鮮な野菜などがそろう七尾市シルバー人材センターのミニマルシェ=七尾市小島町のワークパル七尾で
 七尾市シルバー人材センターは今月から、同センターが入るワークパル七尾(小島町)で、農作物などがそろう市場「ななおシルバーさんのミニマルシェ」を始めた。今年初めて企画した催しで、平日の朝に毎日開催。新鮮な野菜や手作り総菜を安値で販売しており、朝からにぎわうなど人気を集めている。
 シルバーの会員が作ったキャベツやニンジン、キュウリなどの農作物が並び、生産者のこだわりを記したポップ広告も添えた。いなりずしやきんぴら、漬物など総菜類も充実。他に、リサイクル事業で回収した食器や骨董(こっとう)品も販売している。シルバーによると、輪島塗や九谷焼の掘り出し物もあるという。
 同施設は、これまでシルバーが市から指定管理を任されていたが、本年度から自主運営を始めた。新型コロナウイルスの影響などで伸び悩んでいる会議室やホールなどの利用促進も目的に、マルシェを始めた。担当者は「農作物などの販売は他でもやっているけど、周辺地域の人が気軽に使える場所になれば役立つはず。さらに販売を通して、会員さんの生きがいづくりにもなれば」と話した。
 午前九時から正午まで。施設では新たに冷暖房を完備したため、会議室やホールなどの一般利用も呼び掛けている。(中川紘希)

関連キーワード

PR情報