優しい光 会場に広がる 越前町で越前焼作家らが展示会

2020年7月7日 05時00分 (7月7日 12時03分更新) 会員限定
越前焼の明かり取りから光が漏れ、幻想的な空間が広がる会場=越前町の越前陶芸村文化交流会館で

越前焼の明かり取りから光が漏れ、幻想的な空間が広がる会場=越前町の越前陶芸村文化交流会館で

  • 越前焼の明かり取りから光が漏れ、幻想的な空間が広がる会場=越前町の越前陶芸村文化交流会館で
 越前焼の明かり取りの展示が四日、越前町の越前陶芸村文化交流会館で始まった。二十六日まで。
 同館の夏の企画展で、今年は県内の越前焼作家八人と社会福祉施設「光道園」の利用者が計六十点を出展した。発光ダイオード(LED)照明の明かりが作品の穴からこぼれ、幻想的な空間が広がっている。
 「陶『和工房』」(福井市)の北島久美子さんの作品は優しい光が漏れる細かな穴が特徴。夫の和幸さんもかわいいフクロウをかたどった作品を出展している。展示品は販売もしている。
 例年の展示会場は同館のホールだが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、ロビーでの開催とした。
 (玉田能成)

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧