「高校時代から、すごいやつがいるってのは知ってました」山本拓実が同学年のヤクルト・村上斬りに意欲

2020年7月7日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
守備練習でマウンドからダッシュする山本

守備練習でマウンドからダッシュする山本

  • 守備練習でマウンドからダッシュする山本

「しっかり内を突いて」攻めの投球を

 中日の山本拓実投手(20)が6日、同学年のヤクルト・村上宗隆内野手(20)斬りに意欲を示した。7日からのヤクルト3連戦(ナゴヤドーム)の2戦目に先発する見込みの右腕は、ナゴヤドームでの一部投手練習に参加後、報道陣の代表取材に対応。師と仰ぐオリックスの山本由伸投手(21)が5日の西武戦で4死球を与えながらも白星を手にしたことを参考に、強気の投球スタイルで挑む考えを明かした。
 目標は2ケタ。そう公言する以上は連勝を飾り、白星を積み重ねていかなければならない。次の相手はヤクルト。山田哲、青木、坂口ら強打者が並ぶが、中でも山本が強く意識するのが4番をはり、成長著しい村上だ。
 ヤクルト打線を「開幕カードを見ていても打力は高いですし、どこからでも一発が出る打線」と警戒する中で、ツバメの若き主砲には「同学年以上に、チームの核、中心ですから、そういう意識で投げます」と、全精力を注いで封じ込めにいく。
 公式戦では昨年2度対戦した。8月18日。1打席目は内角高めスライダーで空振り三振に切って取った。2打席目はスライダーを今度は三塁内野安打にされた。昨秋のフェニックス・リーグでは、3打数無安打、2四球だった。
 痛打されていないが「高校時代から、九州学院で1年から4番を打っているすごいやつがいるってのは知ってました。ドラフト1位でプロに入って雲の上の存在です」とその力は十分承知している。「しっかり内を突いて、外に投げきるピッチングをしないとと思っています」と攻めの投球を心掛ける。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ