Jリーグ10日からの観客解禁方針変更なし「爆発的な感染拡大ではない」愛知医科大教授の見解説明

2020年7月6日 19時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで記者会見するJリーグの村井満チェアマン

オンラインで記者会見するJリーグの村井満チェアマン

  • オンラインで記者会見するJリーグの村井満チェアマン

◇村井チェアマン会見

 Jリーグの村井満チェアマン(60)は6日、新型コロナウイルス対策連絡会議後の記者会見で、無観客で開催されている全公式戦に10日から観客を入れる方針を改めて示した。新型コロナの感染者が東京都を中心に増加傾向にあるが、村井チェアマンは「政府の見解がベース。大きな変更が加えられなければ、既存の考え方で準備していく」と語った。
 政府の指針に従い、Jリーグは5000人、もしくはスタジアム収容率50%のうち、少ない方を上限に、10日のJ2岡山-北九州戦(Cスタ)から観客を迎え入れる。東京都では新規感染者が5日連続で100人を上回っているが、愛知医科大の三鴨廣繁教授は「爆発的に市中感染が広がっているという見方ではない」と説明した。
 8月1日からスタジアム収容率の50%まで観客数を拡大する方針に関しては、三鴨教授は「感染の状況を注意深く見ていきながら、今月20日前後に決断されると思っている」と指摘。感染状況の推移によっては、無観客や制限維持の可能性もありそうだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ