今季こそVを…桐蔭横浜大はPKの1点守り開幕戦辛勝 関東大学サッカー1部

2020年7月6日 11時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐蔭横浜大―国士舘大 後半、PKを決める桐蔭横浜大・山田=5日、流通経大龍ケ崎フィールドで

桐蔭横浜大―国士舘大 後半、PKを決める桐蔭横浜大・山田=5日、流通経大龍ケ崎フィールドで

  • 桐蔭横浜大―国士舘大 後半、PKを決める桐蔭横浜大・山田=5日、流通経大龍ケ崎フィールドで
 第94回関東大学サッカー1部リーグ(東京中日スポーツ後援)は5日、茨城県龍ケ崎市内の3会場で第1節の5試合を行った。新型コロナウイルス感染拡大の影響でスタートが3カ月遅れていたが、前日の2部に続いて1部がこの日開幕した。前回優勝の明大は1ー0で駒大に勝利。同2位の桐蔭横浜大も1ー0で国士舘大に勝った。次節は11日と12日に開催される。
 桐蔭横浜大も辛くも勝利を手にした。0ー0の均衡が続く中、後半23分、決勝点をもぎ取った。決めたのは関東大学1部リーグでのデビュー戦だったFW山田新(2年・川崎Uー18)。自ら獲得したPKを右足で確実にたたき込んだ。
 記念の一戦でゴールをマークしたニューフェースは「(デビュー戦を)楽しみにしていました。硬さはありましたけど、その中で勝ち点3を得られたのは大きいと思います」とうれしそうだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ