右中間真っ二つ!今季初スタメン「1番」中日・溝脇が先制2点三塁打 一塁から激走の梅津に感謝

2020年7月5日 15時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表2死一、三塁、溝脇が右中間に先制三塁打を放つ。投手サンチェス

2回表2死一、三塁、溝脇が右中間に先制三塁打を放つ。投手サンチェス

  • 2回表2死一、三塁、溝脇が右中間に先制三塁打を放つ。投手サンチェス

◇5日 巨人ー中日(東京ドーム)


 5日の巨人戦(東京ドーム)で「1番・二塁」で今季初のスタメン出場した中日・溝脇隼人内野手(26)が、2回に先制の適時三塁打を放った。2死からA・マルティネス、梅津の連打でつくった一、三塁のチャンス。右中間を破る一打を放った。
 「梅津がつないでくれた打席なので、何とか打ちたいと思い打席に入りました。投げることで大変なのに一生懸命走ってくれた梅津にも感謝したいです」と振り返った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ