巨人・原監督が怒りの途中降板を決断!! サンチェスが投球動作に入った途端にベンチから飛び出す…炭谷も同時交代

2020年7月5日 15時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・原監督

巨人・原監督

  • 巨人・原監督

◇5日 巨人-中日(東京ドーム)


 巨人の先発エンゼル・サンチェス投手(30)が3回途中、6安打、3失点で降板した。2点ビハインドの3回先頭。福田に左中間二塁打を浴び続くビシエドの場面だった。サンチェスがセットに入ろうとしたところで原辰徳監督(61)が険しい表情でベンチから飛び出し、球審に交代を告げた。捕手の炭谷も同時に交代となった。
 サンチェスは2回2死一、三塁から溝脇に右中間への2点三塁打を浴び先制を許していた。これまで2勝無敗、防御率0・77だったが、この日は1回から走者を背負いながらの投球が続いていた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ