本文へ移動

中日スタメン捕手のA・マルティネスが第1打席でプロ初安打 先制ホームも

2020年7月5日 14時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表2死、左前にプロ初ヒットを放つA・マルティネス

2回表2死、左前にプロ初ヒットを放つA・マルティネス

◇5日 巨人ー中日(東京ドーム)


 中日のアリエル・マルティネス捕手(24)が5日、巨人戦(東京ドーム)でプロ初安打を放った。1991年のマイク・ディアズ(ロッテ)以来29年ぶりに外国人捕手としてスタメン出場を果たしたA・マルティネスは、2回2死からの第1打席で、巨人の先発・サンチェスから左前に安打を放った。
 その後、梅津もつないだ2死一、三塁からの溝脇の適時三塁打で、A・マルティネスはプロ初得点となる先制のホームを踏んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ