本文へ移動

名古屋グランパスが史上5チーム目のJ1通算400勝を達成…J1再開初戦の清水戦に逆転勝ち

2020年7月4日 19時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
同点ゴールを決め、シミッチ(右)らに祝福される名古屋・相馬

同点ゴールを決め、シミッチ(右)らに祝福される名古屋・相馬

◇4日 J1第2節 名古屋○2ー1●清水(アイスタ)


 名古屋グランパスは4日、J1再開初戦となった第2節・清水戦(アイスタ)に2―1で逆転勝ち。今季初勝利を挙げ、J1通算400勝を達成した。鹿島、横浜M、浦和、G大阪に続く史上5クラブ目、886試合目(135分け351敗)での達成となった。
 グランパスは1点を追う前半32分、FW相馬勇紀(23)がゴール前のこぼれ球を押し込み同点。同40分にはFW前田直輝(25)が右サイドを突破し、相手のオウンゴールで勝ち越した。
 Jリーグ発足年に加盟した「オリジナル10」の一角は、2017年にJ2での戦いを強いられるなど低迷期を経験。300勝目から約9年を要した。
 今年6月にはGKランゲラック(31)、FW金崎夢生(31)が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、全体練習を2週間休止するなどチーム状態が懸念されたが、白星で今後の戦いへ弾みをつけた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ