巨人・田口の降板は「大事に至る前に…ということです」3回無失点も左太もも裏に張り

2020年7月4日 18時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回の投球を終え、ベンチに戻る巨人・田口

3回の投球を終え、ベンチに戻る巨人・田口

  • 3回の投球を終え、ベンチに戻る巨人・田口

◇4日 巨人7-3中日(東京ドーム)


 巨人の田口麗斗投手(24)が4日、中日戦に先発登板。3イニングを1安打無失点に抑えていたものの、32球で降板した。左太もも裏の張りのため、大事をとっての交代となった。
 原監督は「彼は1年間、戦う上で必要な選手と位置づけてます。大事に至る前にということです」と説明した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ