本文へ移動

「だから沢村がボールをくれたのか」巨人・原監督気付いてなかった!?長嶋さんに並ぶ監督通算1034勝

2020年7月4日 18時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人歴代2位タイとなる監督通算1034勝目を挙げ、沢村(右)からウイニングボールを受け取る原監督

巨人歴代2位タイとなる監督通算1034勝目を挙げ、沢村(右)からウイニングボールを受け取る原監督

◇4日 巨人7-3中日(東京ドーム)


 巨人の原辰徳監督(61)が4日、東京ドームでの中日戦で監督通算1034勝目を挙げ、長嶋茂雄終身名誉監督(84)に並び、チーム歴代2位タイになった。原監督は「だから(最後を締めた)沢村がボールをくれたのか。素晴らしい選手たちに恵まれた、コーチを含めてですね。感謝感謝です」と語った。
 この日は丸が2本塁打を含む3安打6打点と大暴れ。開幕直後は苦しんだが、もう心配はいらない。指揮官は「いやもう、100点満点ですね」と大絶賛。これで3連勝でリーグ10勝到達一番乗り。首位をガッチリ固めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ