町のシンボル、時計台が復活 伊賀・近鉄青山町駅前

2020年7月4日 05時00分 (7月4日 11時35分更新) 会員限定
「調整中」の張り紙が外され、再び動きだした駅前の時計=伊賀市阿保で

「調整中」の張り紙が外され、再び動きだした駅前の時計=伊賀市阿保で

  • 「調整中」の張り紙が外され、再び動きだした駅前の時計=伊賀市阿保で
 伊賀市阿保の近鉄青山町駅前で、数年前から止まっていた時計台が再び時を刻み始めた。正時になると音楽が流れ、通勤・通学客を見守ってきたが、「調整中」の張り紙が掲げられていた。ようやく修理を終え、住民らは「町のシンボルが直ってよかった」と喜んでいる。 (河野晴気)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報