本文へ移動

ピッチャーのリードで気をつけることは

2020年7月4日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】中学軟式のキャッチャーです。ピッチャーをリードするときに気をつけることを教えてください。ピッチャーのタイプとか性格によって気をつけることがあったら教えてください。 (東京都府中市 M君=中3)
 【答え】キャッチャーは、守備の要としてチームを引っ張っていく重要な役目もありますが、投手をリードするためには、ピッチャーの特徴や性格などを知り尽くしていないといけません。主な注意点を挙げておきます。
 (1)その日の投手のコンディションを知る。ブルペンで、直球は走っているか、カーブの切れやコントロールはどうかなどをチェックし、把握する。(2)打者の特徴を見て配球を決める。クリーンアップと下位打線では初球の入り方や決め球が違ってくる。(3)ピンチになったらその投手の一番得意な球を投げさせる。(4)ストライクゾーンは内から外へと広げていく。例えば2球目までで外角いっぱいのコースで追い込んだときなどは次の球が甘くならないように気をつける。(5)打者の狙い球を外す。マスク越しに打者をよく観察する。
 昔から、困ったときは「外角低め」といわれていますが、打者から一番遠いコースで、打たれても“けが”が少ないからです。キャッチャーは女房役と言われます。ピッチャーがピンチに強いか弱いか、すぐカッカするタイプかどうかなどを知っていれば、ほめたりなだめたりしながら、その性格に合わせてリードができます。
(慶大野球部元監督)
【水、土曜日連載】
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ