広瀬すずさんへ感謝伝える手紙 浜松湖東高

2020年7月4日 05時00分 (7月4日 05時03分更新)

広瀬すずさんに向けた手紙の冊子を持つ藤瀬いづみさん(右)ら元生徒会役員=浜松市西区の浜松湖東高で

 浜松湖東高(浜松市西区)で六月末まで生徒会役員を務めた三年生四人が、学校に消毒用ハンドジェルを寄贈した俳優の広瀬すずさん=静岡市清水区出身=へ感謝を伝える手紙を企画し、冊子にまとめた。全校から集まった約八百人分を今週末にも広瀬さんの所属事務所に送る予定だ。 (酒井大二郎)
 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、広瀬さんは静岡市内の小中学校をはじめ、県内の高校にも直筆の手紙を添えたハンドジェルを贈っている。浜松湖東高には、本来文化祭が開かれるはずだった六月上旬に五百ミリリットル十二本が届いた。
 職員室前に置かれた有名俳優からの贈り物は「みんな大喜びで使いたがって、置いた初日に一本半がなくなった」(藤瀬いづみ元会長)と、沈みがちだった校内の雰囲気を明るく変えたという。手紙は「何かお礼をしよう」と元副会長の大村美涼さんの発案で企画し、A4用紙を四等分したサイズを使用。昼休みの放送で呼び掛けると、翌日中にほぼすべての生徒から集まった。
 「コロナで不安な気持ちがやわらいだ」「笑顔になれた」「すずさんのようにすてきな女性になる」などとつづった手紙の束は、学年ごと三つの冊子とした。大村さんは「みんなの心からの感謝の気持ちが伝われば」と願う。

関連キーワード

PR情報

静岡の最新ニュース

記事一覧