本文へ移動

中日・アルモンテが左わき腹痛で登録抹消、ルーキー郡司も…外国人捕手のA・マルティネスが初昇格

2020年7月3日 16時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
登録抹消された中日・アルモンテ

登録抹消された中日・アルモンテ

 中日のソイロ・アルモンテ外野手(31)が3日、左わき腹痛で出場選手登録を抹消された。球団が前日2日の阪神戦(ナゴヤドーム)の打席で痛めたと発表した。代わって1日に育成から支配下選手登録されたばかりのアリエル・マルティネス捕手(24)が昇格。また、新人の郡司裕也捕手(22)が抹消された。
 アルモンテは今季、右太もも痛から復帰し、12試合で打率2割4分3厘、1本塁打、5打点。6月30日の阪神戦(ナゴヤドーム)では来日3年目で初の満塁弾を放った。2日の同戦(同)でも先発出場。四球、空振り三振、四球、中飛の無安打に終わると、9回に守備固めを送られて退いていた。試合前には入念にマッサージを受けていた。
 開幕1軍入りを果たした郡司はここまで3試合で8打数2安打の打率2割5分。この日、東京ドームでの練習に参加していることから故障ではなく、捕手が木下拓、加藤、A・マルティネスの3人になったことで、抹消したとみられる。昇格したのは1人だけだったことから4日以降に別の野手を登録すると考えられる。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ