本文へ移動

名古屋オーシャンズが熱田神宮で必勝祈願 外国人選手3人来日できない中、9月以降の開幕へ準備

2020年7月3日 14時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
必勝祈願のため熱田神宮を訪れた(左から)フエンテス監督、桜井代表取締役兼GM、星龍主将

必勝祈願のため熱田神宮を訪れた(左から)フエンテス監督、桜井代表取締役兼GM、星龍主将

 フットサル・名古屋オーシャンズのフエンテス監督(40)、星龍太主将(33)、桜井嘉人代表取締役兼GM(56)が3日、名古屋市熱田区の熱田神宮を訪れ、毎年恒例の必勝祈願をした。
 例年ならば選手そろっての必勝祈願も、新型コロナウイルスの影響で今年は代表者3人の参加。開幕延期を決めたFリーグは、9月以降の開幕に向けて準備している。チームも、外国人選手3人が来日できずにいるなど影響は小さくない。
 渡航制限を見越して3月下旬に予定していた母国・スペインへの帰国を見送ったフエンテス監督は「まずは健康を祈った。このシーズンを乗り越えていけば、より強いオーシャンズが生まれる」と思いを語った。
 チームは感染予防を徹底し、6月8日からアリーナでの練習を再開。先行きはまだ不透明な点が多く、リーグ優勝12度の常勝軍団にも柔軟性が求められるシーズンになる。星龍主将は「多くのタイトルを取るという気持ちを大事にしつつ、いろんなことを考えながら過ごしたい」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ