給食にハエか 熊野・井戸小、1カ月間で4度目の異物混入

2020年7月3日 05時00分 (7月3日 12時24分更新) 会員限定
 異物混入が相次ぐ熊野市井戸小学校の給食で一日、体長一センチほどの死んだハエのような虫が入っているのが見つかった。市教委が二日、発表した。県熊野保健所は同日、校舎内の調理室などを立ち入り調査した。三日も調査を続ける。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報