夏休み自転車安全運転を  奥越の子ども向け 

2020年7月3日 05時00分 (7月3日 09時54分更新)
交通安全啓発動画の撮影をする署員ら=大野市の大野自動車学校で

交通安全啓発動画の撮影をする署員ら=大野市の大野自動車学校で

  • 交通安全啓発動画の撮影をする署員ら=大野市の大野自動車学校で

 大野・勝山署員啓発動画撮影、役者も

 大野、勝山両署は共同で二日、大野市南新在家の大野自動車学校で交通安全啓発動画の撮影を行った。
 奥越地方の小中学校では新型コロナウイルス感染症対策で長期休校したため、交通安全教室を開く時間が確保できないのが現状という。夏休みなどで子どもたちが自転車を利用する機会が増えることから、両署員が交通安全のポイントを動画にまとめて各校に配布することにした。
 撮影者も役者もすべて両署員が務めた。対向車だけを意識して信号交差点を右折したら、横断歩道に歩行者がいたなどの場面を収録した。動画では、交通事故でよくある三つのパターンと、正しい自転車の乗り方や操作の仕方を二十分程度にまとめる予定という。
 夏の交通安全県民運動が始まる七月十一日を目安に各校へDVDとして配るほか、大野ケールテレビで不定期に放送して市民にも啓発する。動画投稿サイト「ユーチューブ」の県警公式チャンネルでの配信も検討している。
 勝山署の川崎ゆう子交通課長は「自転車に乗る機会が増えるので、DVDを見て安全な運転ができるようになって」と呼び掛けた。 (山内道朗)

関連キーワード

PR情報