本文へ移動

富士に母乳育児助産院 悩み抱える母親の負担減へ

2020年7月3日 05時00分 (7月3日 10時08分更新)

◆「桶谷式」認定者3人出張支援

母親の産後ケアに取り組む篠田一世さん(左)と山田敬子さん(右)=富士市瓜島町で

 静岡市清水区や伊豆の国市の助産師三人が、富士市で母乳育児のサポートに特化した助産院「富士母乳育児相談室」(瓜島町)を開いている。遠方から通う母親の負担を減らしてあげたいとの思いで今年二月、開業した。新型コロナウイルスの感染を防ぐために外出を自粛するなど、以前よりも育児に悩みを多く抱える母親たちに寄り添う。 (佐野周平)
 開業したのは、どちらも清水区の篠田一世さん(52)と宮田涼子さん(42)、伊豆の国市の山田敬子さん(68)。三人とも独自のマッサージ法で乳房の調子を整える「桶谷(おけたに)式」の認定者だ。地元での活動も続けながら、日替わりで富士市に出張して対応する。富士保健所によると、市内の助産院は四カ所目。
 これまで県東部で桶谷式の助産院があるのは伊豆の国市だけだった。山田さんは「『桶谷式だから』と、遠方から来る人が多かった。私が第一線を退いても、ここが残ってくれるので安心した」と語る。
 開業から間もなく、新型コロナの拡散という課題に直面した。オンライン相談の受け付けも始め、院内が混み合わないように予約数を制限しながら営業を続けた。多くの母親が、実家の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧