町内観光業にあいの手を 若狭高浜観光協などがCFで応援事業

2020年7月2日 05時00分 (7月2日 13時26分更新) 会員限定
クラウドファンディングでの支援を呼び掛ける須藤さん=高浜町内で

クラウドファンディングでの支援を呼び掛ける須藤さん=高浜町内で

  • クラウドファンディングでの支援を呼び掛ける須藤さん=高浜町内で
 高浜町の若狭高浜観光協会などは、新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている町内の観光事業者を応援する「求厶!あいの手プロジェクト」を始めた。インターネットを使ったクラウドファンディング(CF)事業で、支援対象は宿泊や飲食、小売店など。賛同した人は三つのコースから選んで寄付などをする。募集は二十九日まで。(栗田啓右)
 「商品券を買って応援コース」は、対象の事業者から支援先を選び、一口五千円以上の寄付をする。後日、寄付額の二割分が上乗せされた商品券が渡され、その支援先で使える。商品券はいずれも九月一日から使用できる。有効期限は宿泊店は二〇二二年三月三十一日まで、飲食や小売店は二一年九月三十日まで。
 「商品を買って応援コース」では、支援先が用意した野菜や魚介類、酒、菓子などを購入して応援する。発送は八月一日から順次行う。「応援のみコース」は寄付だけで返礼品はない。三コースともCFの専用サイトから手続きする。
 観光協会によると、町内では二月から観光関連のキャンセルが相次いでいる。今シーズンは、コロナ感染防止対策のため海水浴場を開設せず、夏の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧