タコ濃いぞ 三重・四日市港

2020年7月2日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
良型マダコを手にニコパチに納まる筆者

良型マダコを手にニコパチに納まる筆者

  • 良型マダコを手にニコパチに納まる筆者
 梅雨時は雲の動きをスマホでチェックする毎日だ。6月18日は雨を避けて早朝、三重県四日市市の四日市港でマダコを狙った。短時間だったが1キロ超をゲットできた。
 当初は釣友とアユ釣りの予定だったが、減水と降雨予報で中止となり、釣具をアユ用からタコ用に乗せ替えた。午前6時半、四日市港に到着。第1ふ頭は釣り禁止、第3ふ頭には大型船が係留されており第2ふ頭へ。
 中央から南側では数人が竿を出し、小刻みに竿先を動かしている。ほとんどがタコ狙いだ。私は定番の赤色タコエギ3・5号30グラムにタコベイトも赤系を選択。確実に底をキープしようとオモリ6号を追加した。
 30メートルキャストしてタコエギが着底後、ラインスラッグを取ってタコエギがダンスしてタコにアピールするよう竿先をリズミカルにシェイク。リールを少し巻いてはシェイクの繰り返しだ。
 岸壁近くまで来たら回収し、投点を変えて探っていく。2投目に少し重くなったような違和感。合わせたが空振り。3投目も同じ違和感に合わせると、手応えはあるが軽い。小型のマダコで一気に引き抜いた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ