本文へ移動

大輪のユリなど 夏を彩る花展示 チューリップ四季彩館

2020年7月2日 05時00分 (7月2日 05時04分更新)
大輪のユリが目を引く展示=砺波市のチューリップ四季彩館で

大輪のユリが目を引く展示=砺波市のチューリップ四季彩館で


 砺波市中村のチューリップ四季彩館で、夏をテーマに「季節を彩る花々」展が開かれている。大輪のユリをメインに色鮮やかな夏の花計六種、二百十鉢が飾られている。七日まで。
 ユリの中でも、真っ白なカサブランカや真ん中が黄のコンカドールはボリューム満点。スカシユリは赤やオレンジ、黄、ピンクと色鮮やか。ブーゲンビリアやハイビスカス、アンスリウムといった南国の雰囲気漂う極彩色の花も並んだ。
 担当者は「大きなユリの豪華さを楽しんで」とPR。孫と訪れた南砺市、会社員西村源信(もとのぶ)さん(65)は「どれもきれい」と話した。
 入場料は高校生以上三百十円、小中学生百六十円、六十五歳以上二百五十円、小学生未満無料。 (松村裕子)

関連キーワード

PR情報