巨人・岡本が連続試合安打「10」に エキサイティングシートに飛び込むハッスルプレーも

2020年7月1日 20時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏無死、左前打を放つ岡本

4回裏無死、左前打を放つ岡本

  • 4回裏無死、左前打を放つ岡本

◇1日 巨人-DeNA(東京ドーム)

 巨人の岡本和真内野手(24)が開幕2戦目からの連続試合安打を「10」に延ばした。初回2死走者なしからDeNA先発・桜井の137キロのカットボールを左前に運んだ。さらに4回にも左前打を放ち、4試合連続マルチ安打となった。
 守備でも5回の梶谷の三塁エキサイトシートに飛び込むかという飛球を腕を伸ばしてナイスキャッチ。前日に打撃3部門でトップに立った若き4番は好守にハッスルプレーでチームをもり立てている。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ