悪性リンパ腫で闘病経験の笠井アナ がんの情報発信番組をスタート「初めて自分が体験者側の人間として番組に参加できる」

2020年6月30日 11時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
笠井信輔アナウンサー

笠井信輔アナウンサー

  • 笠井信輔アナウンサー
 悪性リンパ腫で闘病し、「完全寛解」を報告した元フジテレビの笠井信輔アナウンサー(57)が、がんサバイバーとしてがんの情報発信番組を始めた。
 がんの情報サイト「オンコロ」で動画を使って専門医などにインタビュー。笠井は「初めて自分が体験者側の人間として番組に参加できる」と闘病経験ががん患者のためになれば…という思いで始めたという。治験・臨床試験などのがん医療情報を発信するサイト「オンコロ」にて配信する番組で、コーナー名は「笠井信輔のこんなの聞いてもいいですか」。第1回のテーマは「がんと新型コロナ」で、近畿大学医学部腫瘍内科部門の中川和彦教授にコロナ禍にまつわる、がん患者の治療や生活の仕方を質問した。
 番組内では、中川教授が抗がん剤治療で免疫が低下している患者が「高頻度にコロナに感染している印象はない」と答えたり、感染予防をしつつ適度に外出して体力をつける重要性を訴えるなどした。治療当初、散歩も家族から「危険だ」と反対され止められていたという笠井は「うれしいお言葉」「出ていけないことないんですよね」と答え、明るい表情を見せていた。笠井は自身のブログでも動画を紹介し「どこかで誰かのお役に立ちたいと考えていたので、この活動は願ってもないものでした」とつづっている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ