県民宿泊割引申し込み きょう受け付け終了

2020年6月30日 05時00分 (6月30日 09時42分更新)

 県は二十九日、県民向けに県内旅行の宿泊代を割り引く「ふくいdeお泊りキャンペーン」について、三十日中に宿泊施設への予約申込者が予定の四万人に達する見込みとなったため、同日で申し込み受け付けを終了すると発表した。
 二十九日午後四時現在の予約件数は三万四千八百十一人。県は、予算の再追加をしないことにした。このため旅行会社を通じた申し込みは、三十日の各社営業時間で終了。施設への直接申し込みの場合、同日午後五時でネット予約を締め切る。郵便は同日消印有効とした。
 キャンペーンの予約申し込みは、二十六日から受け付けを開始し、二日目の二十七日夕に当初目標としていた二万人に到達。県は割引のための予算を二億円ほど追加し、申込枠を四万人に拡大していた。
 キャンペーンには県内約三百のホテル、旅館、民宿が参加している。宿泊期間は七月一日〜八月七日で、一人一泊当たり最大半額(上限一万五千円)の割引が適用される。嶺南、嶺北をまたぐ場合はさらに二千円の割引がある。 (尾嶋隆宏)

関連キーワード

PR情報