おろしそば、大野市民に半額で恩返し コロナ禍の支援に感謝

2020年6月30日 05時00分 (6月30日 05時01分更新) 会員限定
「大野在来」のソバ消費拡大と市民への感謝で行うおろしそば半額キャンペーンをアピールする(前列左から)石山市長、加藤組合長、林専務理事ら=大野市役所で

「大野在来」のソバ消費拡大と市民への感謝で行うおろしそば半額キャンペーンをアピールする(前列左から)石山市長、加藤組合長、林専務理事ら=大野市役所で

  • 「大野在来」のソバ消費拡大と市民への感謝で行うおろしそば半額キャンペーンをアピールする(前列左から)石山市長、加藤組合長、林専務理事ら=大野市役所で
 県麺類業生活衛生同業組合大野支部(大野麺類組合)は、七月二〜十七日に大野市内の八店舗で、おろしそばを店内で食べる場合に半額にするキャンペーンを展開する。県内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次いだ際に、市民に持ち帰りや出前で支援してもらったことに感謝し、大野固有のソバ品種「大野在来」の消費拡大を図る。 (山内道朗)
 「−あなたの“そば”に感謝を“こねて”−皆様の応援に感謝!在来そばを守ろう!」と銘打って実施。市との共催で、JA福井県奥越基幹支店から玄ソバ四百五十キロの提供を受ける。キャンペーンでは、店内飲食のおろしそばを一人一杯半額にする。セットメニューは対象外。
 大野麺類組合やJAによると「大野在来」は寒暖の差がある大野の気候で育ち、実は小さいがしっかりしており、風味が強いのが特長。市内だけでなく、県外のそば店からも注文が相次ぐなど評価が高い。しかし、新型コロナ対策で全国的な外出自粛の影響を受け、今年の消費は落ち込んでいるという。そうした状況から生産者保護も必要になり、同組合がJAや市などに協力を呼び掛けた。
 市役所で二十九日、玄ソ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧