コロナも影響、障害者の就職率が過去8年で最悪に 三重県内の19年度

2020年6月30日 05時00分 (6月30日 05時00分更新) 会員限定
 三重労働局がまとめた二〇一九年度の障害者の職業紹介状況によると、新規で求職を申し込んだ三千三百三十一件のうち、就職に至ったのは千六百七十四件だった。就職率は50・3%で、前年度比4・8ポイント低下。全国平均の46・2%は上回ったが、米中の貿易摩擦に新型コロナウイルスの影響が加わり、一二年度からの八年間で最も悪かった。 (斎藤雄介)
 労働局によると、米中摩擦による先行きの不透明感から、同年五月ごろから製造業などで新規求人の動きが鈍化。ことし一月以降は新型コロナによる外出控えなどで飲食業やサービス業などが苦境に陥った。
 こうした業種を希望する障害者も多く、就職先の産業別では製造業が二百五十七件、サービス業が百六十九件に上った。最多は医療・福祉の六百七十九件で全体の40・6%を占めた。
 障害の種別では、身体、知的の就職件数が共に10%以上減ったのに対し、精神障害がある人は6・2%増えた。ストレス社会などを背景に、精神障害の認定自体が増えていることなどが要因とみられる。
 解雇件数は二十九件と、前年度の三倍超に増えた。景気悪化による企業側の事業廃止や事業規模の縮小が響いた。
 新型コロナの経済へ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報