本文へ移動

19歳 笹生優花プロデビュー戦で健闘5位 初めての賞金864万円「特に使い道はない」

2020年6月29日 21時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
68をマークして5位に食い込んだ笹生優花(ゲッティ/JLPGA提供)

68をマークして5位に食い込んだ笹生優花(ゲッティ/JLPGA提供)

◇29日 日本女子プロゴルフツアー アース・モンダミン・カップ最終日(千葉・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

 昨年のプロテストに合格し、今大会がプロデビュー戦だった笹生優花(ICTSI)は68とスコアを伸ばし、優勝した渡辺から2打差の5位と健闘した。
 西郷らと同じ新世紀世代の19歳。「アマチュアの時は、プロから学ぶという気持ちが一番だった。プロになってからは順位やお金もかかってくる。そこが一番の違いかなと思う」と話した。初めて手にした864万円の賞金は「特に使い道はない」と貯金する考えだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ