本文へ移動

サッカー長友が森永乳業とタッグ!「菌トレ」で4度目のW杯フル出場&ゴール目指す「腸内環境の改善が最後のピース」

2020年6月29日 21時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン発表会にトルコから登場した長友

オンライン発表会にトルコから登場した長友

 サッカー日本代表DF長友佑都(33)=ガラタサライ=が29日、オンラインで開かれた森永乳業の「ビフィズス菌トレプロジェクト」発表会にトルコから登場。森永乳業とのタッグで“菌トレ”に励み、「(2022年の)W杯4大会目も全試合にフル出場し、ゴールを決めるのが目標」と夢プランをぶち上げた。
 新プロジェクトは、森永乳業から提供されたビフィズス菌を摂取することで腸内環境の改善を図るもの。腸内フローラの変化やコンディションへの影響などを分析し、パフォーマンスの向上に役立てるのが最大の狙い。
 長距離移動や連戦によって、「おなかを壊すことが多々あった。体がだるく、重くなって、パフォーマンスにも影響があった」と長友。筋トレ、体幹トレ、ヨガ、食事トレに続き、初めて着手する“菌トレ”への期待は大きく、長友は「2年後のW杯は36歳。腸内環境の改善が最後のピースかなと思っている。最高のコンディションでW杯に行きたい」と笑顔で話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ