米・ブラジル経済優先で悪化 コロナ死者50万人超

2020年6月29日 16時00分 (6月29日 16時00分更新) 会員限定
死亡した人の墓地にたたずむ遺族=26日、ブラジル北部マナウスで(ロイター・共同)

死亡した人の墓地にたたずむ遺族=26日、ブラジル北部マナウスで(ロイター・共同)

  • 死亡した人の墓地にたたずむ遺族=26日、ブラジル北部マナウスで(ロイター・共同)
 世界の新型コロナウイルスの感染者が二十八日、一千万人を超え、死者は五十万人を超えた。感染拡大の中心となっているのが、感染者数が一位の米国と二位のブラジル。専門家は、経済優先で感染対策に消極的という両国トップに共通する政治姿勢が状況の悪化を招いていると指摘している。 (ニューヨーク・赤川肇、ワシントン・金杉貴雄)
 新型ウイルス感染症を「ちょっとした風邪」と述べ、外出制限などを批判してきたブラジルのボルソナロ大統領。同国の政治経済に詳しい米コロンビア大国際公共政策大学院のシドニー・ナカホド講師(44)は「右派のボルソナロ氏は政治的立場がトランプ米大統領と同じで、政策面でも模倣する傾向がある」。初動対応の遅れに加え、政権内や州政府との対立が生じる点まで共通すると指摘した。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報