ジョン・レノン&オノ・ヨーコの物語展示 手書きの「イマジン」歌詞、特注ギターなど100点以上

2020年6月29日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「DOUBLE FANTASY―John & Yoko」のキービジュアル

「DOUBLE FANTASY―John & Yoko」のキービジュアル

  • 「DOUBLE FANTASY―John & Yoko」のキービジュアル
  • 米ニューヨークのヒルトン・ホテルの便せんにジョンが書いた「イマジン」の直筆歌詞(©️Yoko  Ono)
 今年で生誕80年、没後40年となる「ビートルズ」のジョン・レノンと、妻のオノ・ヨーコさん(87)=以下ヨーコ=の物語を、2人が世界に発したメッセージや言葉、音楽&アート作品、貴重な私物を通して体感できる大規模展覧会「DOUBLE FANTASY―John &Yoko」が、10月9日から来年1月11日まで東京・ソニーミュージック六本木ミュージアムで開催されることが決定した。
 1966年にビートルズが日本に初上陸した「ビートルズの日」(6月29日)に、ファンを大喜びさせるニュースが発表。同展覧会は18年5月から昨年11月まで、ジョンの故郷の英リバプール博物館で開催された。ヨーコ自身も深く関わり完成させた展示方法と希少価値の高い展示内容が高い評価と反響を呼び、70万人を動員。期間も当初の予定から7カ月延長された。
 互いへの深く強い愛をアート、音楽、映像作品を通して表現したジョンとヨーコは世界中で平和と人権のために斬新なキャンペーンを展開し、自分たちの生き方のみでなくアート、音楽、行動主義のあり方を永遠に変えた。
 ジョンの故郷から、ヨーコの故郷・東京に場所を移して開催されるこの展覧会では、2人が生み出したアート、音楽や映像作品とともに、ヨーコ自身のプライベート・コレクションから、未公開だった私物やジョンの遺品など100点以上が展示される。
 75年10月9日、ジョンの誕生日と同じ日に次男のショーンが生まれると、ジョンは子育てに専念するため1980年「ダブル・ファンタジー」のリリースまで5年間音楽活動を休止。当時から“イクメン”だったジョンが使用していた「抱っこひも」のほか、東京展独自の展示物も予定されている。
 ◆「DOUBLE FANTASY」主な見どころ◆
 (1)【ジョンとヨーコの愛の軌跡】9000キロも離れた距離を持つリバプールと東京で生まれた2人の出会いから、悲しい別れまでを年代順に展示。
 (2)【見つめあう2人の眼鏡】会場に入り、まず出迎えてくれるのが、1967年のジョンのワイヤフレームの丸眼鏡と70年のヨーコのサングラスが見つめあってる姿。この展示会がイメージするすべてを物語っている。
 (3)【手書きの歌詞】米ニューヨークのヒルトン・ホテルの便せんに書かれた「イマジン」のほか、「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」、「ウーマン」などジョンの手書きの多数の歌詞。
 (4)【歴史を飾ったアイコニックな衣装の数々】反戦の姿勢の証しとして70年代初期の抗議運動や慈善コンサートの多くで着用したミリタリーペアルック、結婚式で着用したピエール・カルダンのジャケットを着るジョン夫妻の写真など。
 (5)【ヨーコの詩集「グレープフルーツ」の初版】ジョンは生前、「イマジン」はヨーコの「グレープフルーツ」から着想を得ていたと語っており、71年のリリースから46年後の17年6月14日、ジョンの希望通り、ヨーコの名前が共作者として正式にクレジットされるに至った。
 (6)【ジョンの特注ギター】69年の「ベッド・イン」(平和活動パフォーマンス)時に使用したジョンがイラストを描いたものや、初公開となる生前最後の作品「ダブル・ファンタジー」のレコーディングで使用したものなど。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ