中日・岡田 9回3球締め「野球人生で初めてだと思います」広島松山、会沢、メヒア初球斬り

2020年6月28日 10時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回から5番手で登板し、1イニングを三者凡退に抑えた中日・岡田

9回から5番手で登板し、1イニングを三者凡退に抑えた中日・岡田

  • 9回から5番手で登板し、1イニングを三者凡退に抑えた中日・岡田

◇27日 中日6ー1広島(ナゴヤドーム)


 9回に登板した中日・岡田俊哉投手(28)は、わずか3球で試合を締めた。先頭の松山が一ゴロ、続く会沢が右飛、そしてメヒアは遊ゴロと、いずれも初球で仕留める珍しい形となった。岡田本人も「ワンポイントで1球で終わったことはありますが、1イニング3球で終わったのは野球人生で初めてだと思います」と話した。
 登板そのものについては「吉見さんと中継ぎの方がいい流れを持ってきてくれて、野手の方も先制、中押し、ダメ押しと点を取ってくれた。その場所を必死に守るだけです」と謙虚に語った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ