東京、新たに57人感染 宣言解除後最多

2020年6月28日 05時00分 (6月28日 05時01分更新) 会員限定
 東京都は二十七日、新たに新型コロナウイルスの感染者が五十七人報告されたと発表した。緊急事態宣言が解除された五月二十五日以降の最多を更新した。二十四日の五十五人、二十六日の五十四人に続いて五十人を上回った。累計は、六千五十四人となった。
 ここ四日間は五十人前後の高水準が続いているが、都は感染経路が一定程度把握できることなどから、「第二波とはとらえていない」としている。
 新たに報告された五十七人のうち、感染経路が不明・調査中なのは三十六人と六割超だった。都は「土曜日なので保健所の調査が追い付いていないのではないか」とみている。都によると、このうち十人は夜の繁華街にある接待を伴う飲食店の従業員や客だが、感染経路は不明だという。
 年代別では、二十代が二十七人、三十代が十四人、四十、五十代が各七人、七十、八十代が各一人。三十代以下が七割を占めた。死者、重症者の報告はなかった。性別は男性三十人、女性二十七人。
 調査中を含めて夜の繁華街にある接待を伴う飲食店の従業員や客は十七人、集団感染が起きている武蔵野中央病院(小金井市)の患者が二人。二十七日までの一週間の感染者三百九人のうち、夜の繁華街関係の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報