王位戦、荘厳「音楽堂」で対局 ホテルアークリッシュ豊橋 

2020年6月28日 05時00分 (6月28日 20時07分更新) 会員限定
対局会場の音楽堂。中央奥のあたりで対局する=豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で

対局会場の音楽堂。中央奥のあたりで対局する=豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で

  • 対局会場の音楽堂。中央奥のあたりで対局する=豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で
  • 2人が宿泊予定の部屋。奥に豊橋を一望できるテラスがある=豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で
  • 木村一基王位
  • 藤井聡太七段
 「第六十一期王位戦」(中日新聞社主催)の第一局が七月一日、二日、豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で指される。史上最年長で王位を獲得した木村一基王位(47)に、史上最年少のタイトル獲得を狙う藤井聡太七段(17)が挑む。三十歳差対決の舞台を紹介する。
 ホテルは二〇〇八年開業の地上十六階建て。対局場所となるのは音楽堂で、客室がある棟とは別の建物の三階にあり、大理石の床と土の壁が、厳粛で洗練された雰囲気を感じさせる。ふだんは結婚式で使われ、これまでに二千組以上が式を挙げている。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

囲碁将棋の新着

記事一覧