本文へ移動

動画共有アプリ「TikTok」で若者に 大台が田舎暮らしPR

2020年6月28日 05時00分 (6月28日 05時00分更新)
SUPを楽しむ様子を紹介するPR動画の一場面

SUPを楽しむ様子を紹介するPR動画の一場面

  • SUPを楽しむ様子を紹介するPR動画の一場面
  • 観光客がまき割りを体験する様子を紹介するPR動画の一場面
 全国の若者に町の魅力を伝えようと、大台町観光協会は、若い世代に人気の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」で、宮川などの雄大な自然や田舎暮らしを紹介するPR動画を配信している。担当者は「より広い層へのアピールにつなげたい」と期待を込める。 (渡辺雄紀)
 協会は、TikTokの公式アカウント(@odai_mie_japan)で四十秒〜一分ほどの動画を投稿している。観光客が宮川でのSUP(スタンド・アップ・パドルボード)や、大杉谷でのハイキングを楽しんだり、まき割りや山菜採りができる民泊で地元住民と交流したりする様子を紹介。いずれも三年前に動画投稿サイト「YouTube」で公開した動画を再編集した。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報