珠洲の特産品 お中元に 道の駅狼煙 今年は猪コースも

2020年6月27日 05時00分 (6月27日 10時24分更新)
お中元を紹介する小寺美和さん(左)ら道の駅狼煙のスタッフ=珠洲市狼煙町で

お中元を紹介する小寺美和さん(左)ら道の駅狼煙のスタッフ=珠洲市狼煙町で

  • お中元を紹介する小寺美和さん(左)ら道の駅狼煙のスタッフ=珠洲市狼煙町で

 珠洲市狼煙(のろし)町の「道の駅狼煙」が、地元特産品をセットにしたお中元の受け付けを始めた。定番「松・竹・梅」コースのほか、今年は「猪(いのしし)」コースも加えた四種類から選べる。注文受け付けは八月二日まで。
 定番「松・竹・梅」コースは地元特産の大浜大豆を使った豆腐を中心に、狼煙地区で作られた丹生そば、いしり(魚醬(ぎょしょう))などがセット。松は一万円、竹は五千円、梅は四千円(いずれも税込み、送料別)とした。
 「猪」コース(税込み八千円、送料別)は数量限定で、地元産のイノシシのロース、バラ、外モモの三種類の肉と天然塩がセットで、奥能登のジビエを家庭で味わえる内容。道の駅狼煙の小寺美和さんは「豚肉とは違う脂のうま味が感じられ、これからのバーベキューの季節などにぴったりなお肉。ぜひ食べてみてほしい」とPRしている。
 発送は七月二日以降の木曜か日曜。インターネット販売のほか電話でも注文を受け付ける。(問)0768(86)2525 (関俊彦)

関連キーワード

PR情報